福岡市立博多工業高等学校

Challenge HAKKO

方針・目標

校訓

質実剛健

校訓「質実剛健」の精神のもと「Challenge博工」を学校スローガンに掲げ、
主体的・意欲的・積極的に「ものづくり」「資格取得」「部活動」に挑戦し、進路実現100%を達成します。

教育目標

  • 校訓「質実剛健」の精神を継承し、質朴、誠実、心やからだが健やかで、強くたくましい生徒を育成する。
  • 工業教育やものづくりを通して、専門的知識や確かな技術を習得させ、工業発展や産業社会に寄与・貢献できる有為な生徒を育成する。
  • 人権教育を推進し、個人の価値や尊厳を大切にして、互いの人格を尊重する意識・意欲・態度を養い、実践行動ができる生徒を育成する。
  • 礼儀や秩序、規律を重んじ、勉学や部活動に勤しむ学校文化を創造し、誇りや自信を持った生徒を育成する。

学校経営方針

  • 平成23年度より実施されてきた「福岡市立高等学校活性化に向けた取組方針」を検証し、次なるステップの取り組みを策定し、具体的方策の推進に組織的に取り組む。
  • 教育目標達成のため、学習指導、進路指導、生徒指導等に、各学科、各部、各教科、各種委員会が連携・協力した組織的・機能的な学校運営を行う。
  • 工業高校の「ものづくり」をはじめ、魅力ある諸教育活動を通してスペシャリストを育て、産業界や地域社会から求められ、期待される生徒を育成する。
  • 本校諸教育活動を通して、社会人として求められる挨拶や礼儀、マナー、言葉遣い、規律、自己表現力、コミュニケーション能力、公徳心等を身に付けさせる。
  • 生徒の学力や能力を伸長させ、安心・安全に過ごせる学校生活を保障する。
  • 体罰・セクハラ防止、飲酒運転の厳禁、適切な情報管理、個人情報の保護などを徹底し、信頼される学校経営を行う。
  • ユニバーサルデザインに基づく教育環境づくりや合理的配慮を含む特別支援教育の推進を行う。

本年度の重点目標

    「Challenge博工」の学校スローガンを掲げ、進路実現(進路保障)をメインテーマに、ものづくり・資格取得・部活動の活性化において、生徒を磨き、教職員とともに日本一の工業高校になる。

  • 生徒会を中心とした挨拶運動・環境美化運動を継続し、規律を守り、自発的な判断・行動能力を高めさせ、諸行事の円滑化を図り、誇りを持たせる。
  • 教科指導を強化し、生徒個々の学力の向上を図り、進路実現に繋げる。また、教育課程および評価制度の点検および改善、ICT機器を活用した授業に取り組む。
  • 社会の一員として適切に行動できる生徒の育成のために、社会的な資質や能力・態度を身につけさせる。また、博工スタンダードとして「挨拶・身だしなみ・話を聞く態度」の確立に取り組む。
  • 生徒へ適切な就業観・職業観を養い、全ての生徒の進路実現に応える。また、新たな大学入試制度改革に備え、進学に関する取り組みを検証し改善を行う。
  • 部活動・ものづくりを通じて、個々の「人間力」「チャレンジマインド」の向上を図るとともに、各大会や競技会での上位入賞を目指し、活気ある学校づくりに取り組む。
  • 学科募集制度導入に伴い、各学科の特色を持った、工業技術の向上のために企業や大学等との積極的な連携や新たに知的財産教育等に取り組み、基礎から高度な技術まで身につけさせる。
  • 生徒との関わりをさらに深め、寄り添い、楽しい学校づくりのための人権感覚を養う。