福岡市立博多工業高等学校

Challenge HAKKO

画像工学科

印刷、画像処理・マルチメディアをキーワードに、見やすく・読みやすく・美しい印刷物やホームページを作るための学習に取り組みます。

コース

  • グラフィックアーツ
    コース

    グラフィック専用ソフトを活用できる製版・印刷技術者を目標に、パソコンでデザインされたデジタルデータから印刷物を作る工程を学習。パソコンのハード&ソフトに精通し、印刷物をトータルに設計できる能力と態度を育てます。

  • マルチメディア
    コース

    マルチメディア専用ソフトやハードを活用できるコンテンツ制作技術者の育成を目指します。デジタルデータによる情報宣伝物の企画から制作までの工程や技術を学び、Web、CG、アニメーション、デジタルビデオ作品などを作ります。

教育目標

印刷およびマルチメディアに関する基礎的・基本的な知識と技術を修得させ、印刷を中心とした産業界に貢献できる能力と態度の育成を目指します。

学科の特色

実習で使用している機械やソフトウエアは、実際に会社で使用されているものと同一の機種やアプリケーションソフトであり、就職先で期待されている即戦力を身につけることができます。またパソコンはMacintoshとWindowsの両方を使うことができIllustratorやPhotoshopを中心とした各種ソフトウエアの活用能力を身につけることができます。

学習内容

「グラフィックアーツコース」については印刷部門およびDTPを主とし、「マルチメディアコース」についてはマルチメディアを主としてコースを設定しています。両コースは完全に分かれているのではなく、業務内容が多岐にわたる印刷業界の特殊性から、互いのコースの学習内容を履修できる体制をとっています。 1年次では印刷に関する基礎的な知識、モノクロ写真実習、コンピュータとソフトに関する基本学習を行います。2年次では1年次での学習内容を基礎に印刷機械の操作とメンテナンス、画像処理の応用、印刷・画像・コンピュータに関する専門的な知識について学習します。 また専門に関する有用な資格取得を奨励しており、漢字検定・表計算検定・ワープロ検定・ホームページ検定・プレゼンテーション検定・デジタルデザイン検定等に取り組みます。3年次では2年次までの学習内容の深化と応用に力点を置き、印刷に関する総合的な能力の定着を行います。さらに課題研究に関しても様々な課題の設定を行い、問題解決のための能力を身につけます。

  • 単色機(ハイデルベルグ)による印刷実習

  • 2色機(KOMORI)による印刷実習

  • Macintoshを使ったDTP実習

  • Windowsを使ったマルチメディア実習

こんな資格が取れます

  • グラフィックデザイン検定
  • 文書デザイン検定
  • レタリング検定
  • 情報処理技能検定
  • ホームページ作成検定
  • プレゼンテーション作成検定
  • 日本語ワープロ検定
  • MUD(メディアユニバーサルデザイン検定)

平成28年度 主な就職先(平成29年3月卒業)

  • (株)朝日プリンテック
  • (株)イデックスオート・ジャパン
  • 九州パッケージ(株)
  • 共立印刷(株)
  • 三晃印刷(株)
  • (株)ジーエークレアス
  • JFEスチール(株) 西日本製鉄所
  • シャープサポートアンドサービス(株)
  • (株)ゼネラルアサヒ
  • (株)DNPグラフィカ
  • (株)DNPデータテクノ
  • (株)DNPメディアクリエイト
  • (株)トッパン建装プロダクツ
  • (株)トッパンコミュニケーションプロダクツ
  • (株)トッパンパッケージプロダクツ 福岡工場
  • トッパン・フォームズ・オペレーション(株)
  • (株)にしけい
  • (株)バッハベルク
  • (株)帆風
  • (株)リーブルテック
  • 渡辺鉄工(株)

平成28年度 進学状況

大学・短大

  • 福岡工業大学短期大学部

専門学校

  • KCS福岡情報専門学校
  • 九州ビジュアルアーツ専門学校
  • 麻生公務員専門学校